1.1 共通

【文房具】大ふせんの使い方【写真あり】

重要度:★★★☆☆

おはうかるー!

GWですね。今年はGWだけど外出はできませんね・・・早く終わるといいのですが。

私は仕事しつつ、zoom飲みしつつ、ブログをガンガン更新していきたいと思っております。

付箋(ふせん)を味方に付けよう

さて前回から2記事にわたって紹介しているのが、付箋(ふせん)の使い方についてです。ポストイットとも言いますね。

ふせんは非常に手軽かつ身近にある文房具なので、誰もが一度は使ったことがあると思います。

でもこの付箋の使い方、実に人それぞれです。正解は無いと思います。

ただ、私の中では「大ふせん」「小ふせん」でそれぞれ使い方を確立していましたので、ここで紹介いたします。「中ふせん」といえそうな大きさもありますが、基本的には使っていないので、紹介するのは大と小のみです。仕事では中ふせんもよくつかってますけどね。

それでは今日は大ふせんを紹介しましょう。

【文房具】小ふせんの使い方【写真あり】 重要度:★★★☆☆ こんにちうかるー! いやぁブログの引越しって大変ですね。自分の場合は引越しというより一から書き直...

おすすめの大ふせん

小ふせんは2つ紹介しましたが、大ふせんは1種類だけ紹介します。こちらです。

まぁそこまでこだわりはありません。よくある、正方形の、いろんな色の、ふせんです。

特徴

大ふせんの特徴はやはり、その大きさです。小ふせんは基本的に重要箇所や気になった箇所に「目印」として使うものですが、大ふせんは結構な文字数を書くことができる、小さな「メモ」のような感覚です。

そして、今日粘着の大付箋は何度も貼って、剥がせるのも特徴です。

大ふせんの使い方

使い方は以下の通りです。

Step1:苦手箇所をまとめる

テキストを読んでいるとき、問題を解いたときなど、どうしても知識が整理されないときや、どうしても記憶が定着しないものってありますよね。
そのような箇所を、大ふせんに書き出します。

書き出す際のポイントは、字を小さく書きすぎないこと。大ふせんに情報をまとめるのは「要約力」が鍛えられます。テキストの表などをそのまま書き写すのではなく、重要なポイントに絞りましょう。

会計士試験の受験時代などは、一日4~5個ほど作っていたかなと思います。

Step2:壁にペタペタ貼る

まとめたい知識を書きだしたら、そのポストイットを勉強机の目の前に貼ります。自宅の机や有料自習室など、目の前に壁がある場合は壁に貼ります。図書館や予備校の自習室など、目の前に壁がない場合は、横の壁や、机の上に貼ります。

こうすると、その日書いた大ふせんを一日中、目にすることになります。これがかなり大事で、作って終わりではなく、その日のうちに何度も見ることで記憶の定着につながります。

Step3:ノートにまとめる

大ふせんを4~5個くらい壁に貼ったら、一日の終わりにこれらを回収してルーズリーフに貼り直します。こうすることで、自分の「弱点ノート」が自然と完成します。弱点が一元化されることは非常に重要ですね。

大ふせんはいくらでも剥がせますので、分野ごとに分けて保存しておくと、分野ごとの弱点ノートが完成します。ルーズリーフを使うというのもポイントで、ページがを自由に入れ替えることができます。

Step4:試験直前にみる

最後に、答練や模試、そして本試験の直前にこれらを見直します。
大ふせんにまとめたものは、自分が苦手な部分のみ、しかも要約されているので非常にコンパクトにまとまったノートになります。

実際の使用例(写真つき)

実際の使用例ですが、ちょっと手元にまとまったものはなかったのですが、こんな感じです(内容は会社法)↓

拡大するとこんな感じ↓

上で紹介したふせんよりは少し小さいサイズの写真ですが。とてもよくまとまっていると個人的には思います。

おわりに

2回にわたって、ふせんの使い方を紹介してきました。写真を載せたので結構イメージできたましたかね?

何度も申し上げていますが、付箋(というか文房具全般)の使い方は人それぞれですので、これをヒントに、自身の勉強にアレンジしていただければいいなと思います。

jijiキュラ
jijiキュラ
こんな簡単に一元化された苦手ノートが作れるんだ!
勉強記事一覧 本ブログの勉強方法の記事を体系的にまとめております。 随時更新していきます。 勉強方法全般 (1)全般...
★講座情報★

本ブログでは様々な勉強方法を紹介していますが、私が講師を務める資格スクエアの勉強方法講座では、よりわかりやすく、口頭で勉強法に特化した講義を提供しています。
敢えてブログに書いていない最も重要な勉強方法も惜しみなく解説しておりまして、10時間で勉強方法のすべてが学べ、5,500円(税込)です。
完全にオンラインですので、お申し込み後すぐご視聴することができます。是非ご覧くださいませ。
勉強方法講座
公式HPはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。