1.1 共通

【プレッシャー法】試験本番で時間が足りない人がやるべき対策

重要度:★★★☆☆

こんばんうかるー!
いや今週は忙しい。なかなか子どもとの時間も取れていないのが悲しすぎます、jijiです。

試験で時間が足りない人がやるべき対策


さて今日は、時間がないのでサクッと勉強法を紹介します。

題して、「試験で時間が足りない人がやるべき対策」です。

多くの試験は、試験時間との戦いです。

「模試では良い点を取れてたのに、本番ではどうしても時間が無くなる!」

「本番はどうしても焦ってしまい、時間がなくなって頭が真っ白になる!」

こういう方は多いのではないでしょうか。

そんな方にはおすすめめの勉強法が「プレッシャー勉強法」です。

本番で時間がなくなる理由


まず、本番で時間がなくなる理由を考えてみましょう。

本番で時間がなくなる理由は以下です。

★本番で時間がなくなる理由

  • 初見の問題に弱い
  • 本番でパニックになる
  • 判断力が遅い(優柔不断)
  • 基礎問題に時間がかかる
  • 消去法などを使っていない

主な理由はこれらです。

普段の勉強では何回も同じ問題を解いているのでいいのですが、いざ初見の問題になるとパニックになり、合っているか不安になって優柔不断になることが多いです。

ただ、消去法などを使っていない場合は、明らかに対策不足なので、それは消去法を学ぶようにしてください。

プレッシャー法


実は、上記のような本番で時間がなくなることへの対策は、概ね「プレッシャー法」で克服できます。

プレッシャー法とは
・・・本番の試験時間の3/4くらいの制限時間で問題を解く勉強法

そうです。
どうしても、同じ問題を何回も解くと、考える時間が削減されるため、本番制限時間には余裕ができてきてしまいます。

そこで、敢えて普段から時間を短くすることで、自分にプレッシャーを与えるのです。

重力が通常より重たい場所でトレーニングをしていた孫悟空のように、

素振りでは特に重いバットを使う野球選手のように、

試験勉強でも本番より過酷な条件で勉強をするのです。

時間的なプレッシャーを与えることで、あるとき「あ、この作業って無駄だったんだ」「こういう方法で解けば速い!」というのがわかるようになります。

これこそがプレッシャー法です。

プレッシャー法のメリット


プレッシャー法のメリットは以下です。

①自分の無駄に気づく

まずプレッシャー法を使うことで、自分の無駄な時間に気づくことができます。

  • 無駄な下書きは書いていないか?
  • 消去法を駆使できていないのではないか?
  • もっと速く書く方法はないか?

時間を制限することで、そのような自分の「無駄」に気づくことができます。

②判断が速くなる

試験本番は判断の連続です。

最後の2択まで絞ってからの選び方、捨て問の選び方、メリハリの付け方などなど。

さまざまな判断が迫られますが、制限時間を設けることで、そのような「悩む時間」をどのように削減していくかを考えることができます。

プレッシャー法をやっているときに「なんだこういう解き方があるのか!」と気づくのもよくあります。

③脳に汗をかく

勉強においては「脳に汗をかく」という感覚が非常に重要です。

ぬるい勉強をしているとなかなか脳も汗をかきませんが、時間制限を設けることで脳をフル回転することになり、脳が疲れます。
この「脳に汗をかく」感覚は、何らかのプレッシャーがないと生まれません。

おわりに


今日は、サクッとですが、「試験本番で時間が足りない人がやるべき対策」としてプレッシャー法を紹介しました。

普段から自分にプレッシャーをかけ、脳に汗をかくような勉強を心がけましょう。

不思議なことですが、プレッシャー法を普段からやっていると、試験本番で「時間がぴったり」くらいに終わります。

普段からやっても「ぴったり」なのですから、普段からプレッシャーをかけない場合は時間が足りなくなるのは当たり前です。
自分の弱点がわかっているのであれば、対策あるのみ。

普段からプレッシャーをかけましょう!

今日は簡単ですがここでおわり。
ほなまた!

jijiキュラ
jijiキュラ
プレッシャーを普段から!
勉強記事一覧 本ブログの勉強方法の記事を体系的にまとめております。 随時更新していきます。 勉強方法全般 (1)全般...
★書籍情報★

①「司法試験・予備試験 この勉強法がすごい!」(中央経済社)
jiji初の書籍です。
題名は司法試験・予備試験としていますが、全ての試験に共通する勉強方法が8割程度です。
ブログには敢えて書いていないクリティカルな勉強方法(スイッチバック法、暗記カード作成術、短答過去問加工法、論文完璧答案構成法)はこちらの書籍をご覧ください。

②「じじじじょでん」(kindleダイレクト・パブリッシング)
jijiの自叙伝です。
勉強方法については書かず、jijiがどのような人生を送ってきたのかを、出生から現在に至るまで【人生の転機】とともに振り返ります。
自分の記憶を整理する目的で書いたものなので、読むとしてもあまり期待しないで読んでください。
kindleアンリミテッド対応なので、アンリミテッド会員の方は無料で読めます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。